紡ぎうた
++ 日々紡いでゆく、心のうた。++
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうして誰も
言ってあげなかったんだろう
それとも傷ついた心には
それさえも届かなかったんだろうか

君は好きなものに囲まれて
好きなことを好きだけやったらいい

好きな曲も
好きな食べ物も
人が怪訝な顔をしようと
飽きるまで味わい続けたらいい

それの何がいけないの?

2番や3番で我慢するより
1番気に入った物から
試してみればいいじゃないか

途中でやめたって
飽きっぽいと思われたっていい

君自身が必要だと思うことを
心の琴線に触れることを
いつも追い続けたらいいんだ

出来ないこともあるだろう
時には
すぐに願いが叶わないことも

けれど
そうやってちゃんと
止めてもらえる機能もあるのだから
君は安心して
心の羅針盤に身を任せればいいさ


1412-italy09-071.jpg


* Special Thanks *
 Photo by 2000ピクセル以上のフリー素材集


スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

過去の自分の
粗探しをするのはやめよう

そんな風に振り返る
今の自分さえ
君自身が掴んできた未来

君は上手くやってきた
どんな時でも
だから今
ここに辿り着いたんだ

完璧な未来なんて
何処にもない
予想できる未来なら
そんなの大した冒険じゃない

確かなことは唯一つ
君は今
とても輝いている


1512_s.jpg

* Special Thanks *
 Photo by 風のおひるね




テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

たとえば四角い箱があったとしたら
なぜその形なのかを考える

開けてみた中身は案外
歪(いびつ)な形なのかもしれず

だとしたら
自分でもっとぴったりくる箱を作って
移しかえたっていい

いっそ箱にすら入れずに
そのまま素敵に飾ってみたっていい

世の中の決まり事なんて
たとえばきっと そんなもの


多くの人が試して良かったことが
方程式のようになる

けれどそれが
君にもあてはまるとは限らないんだ


landl_s.jpg

* Special Thanks *
 Photo by ミントBlue



テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

言い訳なんて
しなくったっていいよ

何か皆が納得するような
確かな証拠を
探す必要なんてないよ

誰かに保証してもらうことも
整理整頓して
説明する必要もない

君のその顔が
もう語ってるよ

君のその胸のつかえが
すべての答えだよ

誰が何と言ったって
どんなに正しく見えたって

君が不快に思ってるって
そのことが
どんな時も
最大最強の根拠なのさ


bear05_s.jpg

* Special Thanks *
 Photo by ミントBlue


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

思えば昔から
皆が言うのと逆のことをすると
良い結果につながるような
子供だった

それがいつしか
方程式の鎖に絡め取られて
がんじがらめ

たとえ 今からでもいい

どうせ力を尽くすなら
価値ある助言と
無責任な自己満足とを
見極めることに

どうせ勇気を振り絞るのなら
天の邪鬼でもいいから
自分の選んだやり方で
いきたい


1578_s.jpg


* Special Thanks *
 Photo by 風のおひるね


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ブログランキング

  人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ

ランキングに参加しております。
応援して頂けますと大変励みになります。

プロフィール

英 ミドリ

Author:英 ミドリ


 押し寄せる波のように 
 いともたやすく 
 この心は泡立ってしまうから 

 時には想いを言葉にのせて 
 静かな凪を呼び込むのです 

 濁った水が 
 やがて再び澄み渡るように 
 心を縛る冷たい箍(たが)が  
 水底に沈殿するまで 


 それが私の紡ぎうた

 自分のために書く
 詩(うた)だけれど

 通りすがりの誰かの心が
 その人なりの光と色をあてて
 読み解いてくれたら

 それはきっと
 とても素敵なことだと思うのです

          ― 紡ぎうた



※ 詩・画像等の無断転載 厳禁 ※

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

素材リンク

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。